ルール
 
 >>HOME >
ルール



 >>2009版ダウンロードはこちらから

<規則改正09>はこちら

<2009年度更新時に案内した規則の改正点>

・ゴール後のピット帰投違反は、レース成立後なのでイエローカード、賞典場外(状況によっては  出場停止)。


・待機行動における1コース侵入では適正間隔約10m以上空けてはならない。

・救助艇作業の妨害は、人命に関わるので出場停止とした。

・賞典レースにおける航法違反の場合は、通常のペナルティーにイエローカードを加える。

・1大会における「注意」がイエローカードとなる回数を2回から3回に変更。

・ボートモーター持ち込み制の大会は、全日本選手権の対象外とする。

・全日本選手権対象大会は、主催者でボートモーターを用意することから、セーフティースイッチ不 備により出場停止となるのは乗艇中の装着違反のみ。

・環境保全の観点から、生分解性オイルの使用を推奨する。

・ペナルティー早見表を新たに追加。

・失効更新を認めないとし、更新手続きが遅れた場合は、新規扱いとする。

※その他詳細は、別紙「K400クラス国内競技規則 2009改正点」、「ルールブック」にてご確認ください。

K400ルールブック
>>ダウンロードはこちらから
ペナルティーに関する規則の改正について
ペナルティーの種類として「注意」と「厳重注意」の区別が明確ではなかったので、注意が3回、厳重注意が2回、厳重注意1回と注意1回のそれぞれをイエローカードとすることとなりました。また、注意を促すために、直接ペナルティーには繋がらない「指導」を新たに加えます。この規則は、2008年度の全日本選手権から適用となります。  
PDF書類をご覧いただくには、アドビ・アクロバットリーダーが必要です。
右のアイコンをクリックし、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>>ご質問・お問合せはこちらからお願いします